アロマテラピーについて知ろう

アロマテラピーについて知ろう

「アロマ」って言葉は、もう一般的になっていて、「ああ、あのいい香りがするものね!」って、多分ほとんどの人が漠然と思い浮かべると思います。

でも実はアロマって、精油のことだけじゃなくて、パン屋さんの香ばしい香りも、コーヒーの芳しい香りも、香水の香りだって、香りのするものは皆「アロマ」ですよね。

では、「アロマテラピー」というと、どうでしょう?
「アロマ=香り」「テラピー=療法」ですから、「芳香療法」という意味になります。

ちなみに余談ですが、「アロマラピー」はフランス語読み、「アロマラピー」は英語読みです。フランスから入ってきたものか、イギリスから入ってきたものかによって読み方の違いはありますが、どちらも同じものです。

アロマテラピーでは精油を用いますが、精油を用いずとも、自分の好きな香りを嗅いでいると「ふわ~♪」って、なんだか心が緩みますよね。
それも一種の芳香療法なのではないかな、と私は思います。

ただ、「精油」は植物から採れた100%天然の香り成分なので、合成香料を使っている香水や芳香剤とは、その部分で異なります。
なので「アロマテラピー」を定義づけすると、植物から採れた100%天然の芳香成分である「精油」を用いた「芳香療法」であると言えます。

さて、その「精油」ですが、お店で何となく魅かれて買ってみたり、人から貰ったりして、いざ使おうと思ったけど、使い方が今一つわからないという方もいるでしょう 。

まず、精油を使用する上での注意事項からお伝えしたいと思います。
「100%天然」と聞くと、さも安全だと思われると思いますが、「精油」は凝縮されていますので、とても高濃度です。ローズの精油を一滴得るために、バラが50本必要とも言われています。

ですから、植物のエキスがギュッと凝縮されているため、刺激も強く、原液で皮膚に塗布することは基本的にタブーとされています。例外として、メディカルアロマで医療的な意味で、局所的に原液で使われることもありますが、基本的にはNGと思っていてください。

また、精油はデリケートなので、熱や光、酸素などによって劣化しやすいです。
なるべく光の当たらない涼しい場所に置いておいて、開封したらなるべく1年以内位には使い切る方がよいでしょう。

そして「精油」の特徴は、大きく3つあります。
①芳香性であること。(香りがあることです)
②揮発性であること。(フタを開けたままなどにしておくと、蒸発して無くなってしまいます)
③脂溶性であること。(水には溶けにくく、油脂に溶けやすいです)

以上を踏まえて、じゃあ具体的に自宅で楽しむには、どう使ったらいいの?というお話については、 長くなってしまうので、また次回のブログに書かせていただきます。

長文にお付き合いくださり、ありがとうございました♡

URL :
TRACKBACK URL :
Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com