年金は、知らないと損なことが多い?

年金は、知らないと損なことが多い?

以前、ずっとアルバイトだけでやってきたという、30代のある女性から、
「今まで一度も年金を払ったことがないんです」と告白?を受けたことがありました。

その時は、何と回答してあげたらいいのかわからず、
当たり障りのないことを答えて、濁してしまったような気がします。

その女性は独身で、将来に対する不安を漠然と抱えているのが伺えました。
年金は将来への保険のような役割もありますが、加入は任意ではなく義務となっています。
正社員などで厚生年金に加入できていれば、それほど頭を悩ませる必要はありませんが、

アルバイトだったり、自営業だったりして、自分で国民年金の支払いをしなければならないという立場になった場合、
不安定な就労や低収入などで、毎日の生活さえやっと、ましてや毎月約15,000円の年金などとても払えないという方も少なくないと思います。

そんな場合、目を背けて、放っておいても大丈夫でしょうか?(@_@)

義務だからうんぬん、といった野暮なことをいうつもりはありません。
ただ、知っておけばきちんと手続きをすることで、将来支給される可能性があったにも関わらず、
面倒くさい、よくわからないから・・・と、放っておくことによって、将来無年金になってしまうのは非常にもったいないと思います。

正直、今の年金制度は複雑すぎるのと、
自ら知ろうと年金事務所や役所の窓口に出向いたりしない限り、なかなか詳しい説明を受ける機会もないのが現状だと思います。

でも、知らないと損をする、あの時知っておけば・・・と後悔することが多いのが実際です。

年金の問題だけでなく、病気や借金などの問題でも、目を背け放っておくことで、常に心の片隅に不安や後ろめたさのようなものが付き纏うことになり、自らを苦しめてしまうように思います。

まずは、敵(?)を知ること!
そこから、いろいろな解決策も生まれてきて、いい方向に進めるように思います。

今回は、国民年金に的を絞って、知っておいた方がいいかなと思う情報をお伝えしたいと思います。

・「経済的に余裕がなくて払えない」という方は、ぜひ、免除申請をお勧めします!
国民年金には、保険料免除制度・納付猶予制度というものがあります。前年度の所得が一定額以下の場合、申請して承認されれば、免除が受けられます。

年金を受給するためには、25年の納付期間を満たす必要がありますが、免除が受けられた期間はその25年の期間にカウントしてもらえます。

もちろん、支払ったことにはなりませんが、国庫負担分の支給も受けられることになり、手続きをせずに未納状態であるのと、免除の扱いになっているのでは、雲泥の差があります。

しかも、平成26年4月からは法律が改正され2年前まで遡って(正確には、保険料の納付期限から2年を経過していない期間/申請時点から2年1ヵ月前までの期間について)、免除の申請ができるようになりました。

免除扱いの期間は後から納付することもできるので、適用できそうな方は、面倒くさがらずに申請した方が絶対にお得です。

・「後納制度」も検討してみましょう。
年金は、過去2年分までなら遡って納付することができます!それを過ぎると、基本的には払いたくても払えなくなってしまいます。

ところが、現在、と言っても今年の9月までですが、過去10年間に遡って納付できる特例措置がとられています。
平成24年10月27日から平成27年9月まで)
なので、もし経済的に余裕があって、その期間の未納があった場合には、検討してみてもいいと思います。

・それでも受給資格に満たない場合は、60歳から「任意加入」を利用する。
国民年金の加入義務があるのは、20歳から60歳までです。
もし60歳になった時点で、25年間の納付期間に満たない場合には、無年金となってしまいます。

が、まだ手はあります!実は60歳以降も(受給額を上げるためなら65歳まで、受給資格を得るためなら70歳まで)任意で国民年金に加入することができます。

ただし、その際の保険料はその年のものとなります。年金の保険料は徐々に上がってますので、今よりは高い金額になっていることは確かだと思います。

・法律改正に望みを託す?
「年金機能強化法」が、平成24年8月10日に成立し、同年8月22日に公布されました。
この中で、将来の無年金者の発生を抑えるために、受給資格期間を現在の25年から10年に短縮させるという項目が盛り込まれています。

これは、消費税率10%への引上げ時(平成29年4月)に施行される予定とも言われておりますが、正確なことはまだわかりません。
法律はその時の政権や情勢で見送りになることも多いので、まだどうなるかわからないというのが、私の正直な見方ですが。

以上、細かい点は省いていますが、知っておいた方がいいかなと思う項目を挙げてみました。

あくまで専門家ではなく、一個人としての意見なので、もし詳しいことが知りたい!という方がいらっしゃったら、ぜひ年金事務所に相談してみることをお勧めします。(回し者じゃないですよ!^^;)

知らないで損していることも結構あるので、これは知っておいた方がいいかなと思うことは、どんどんシェアしていきたいと思います。

頭の痛くなるお話にお付き合いいただき、有り難うございました。
スポーツアロマと全く関係ない話になってしまいましたね(^^;)

 

URL :
TRACKBACK URL :
Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com