美味しいコーヒーの淹れ方♪

美味しいコーヒーの淹れ方♪

実は私、ほぼ毎朝飲むほどコーヒー好きです♡

スペシャルティコーヒーの豆を買っておいて、直前にミルで挽いて、ハンドドリップで淹れて飲んでいます。
IMG_0682IMG_0685

使うドリッパーや、豆の焙煎度合、その人の好みによって、淹れ方は様々だと思いますが、スッキリした味わいが好きな私は、一杯分10gの豆を130ccのお湯で淹れています。

濃いしっかりしたコーヒーが好きな方は、豆の量を15g位にしてもいいと思います。

私は自分で味の調整がしやすい「コーノ」のドリッパーを使用していますが、他のドリッパーでも淹れ方はほとんど同じです。
ただし、ハリオ、メリタ、カリタの場合、1湯目の後に30秒ほど蒸らすといいです。
IMG_0693<ポイント>
①サーバーやコーヒーカップは、事前にお湯を入れて温めておくこと。
(抽出する際に、捨てるのを忘れずに)

②お湯の温度は、90℃前後にすること。(温度が高すぎると苦味が強くなりますし、低すぎても香味が軽減してしまいます)
IMG_0697③1湯目は、細くゆっくり注いで全体にお湯が行きわたり、表面が膨らんで来たらいったんストップ。この時に、旨味がじわじわ引き出されてきます。
(この時に膨らむのは、豆に含まれる炭酸ガスが出てくるから。新鮮な豆かどうかを見極められるポイントでもあります)
IMG_0698④表面が落ち着いてきたら、2湯目を注いでいきます。最初はゆっくり、徐々にお湯の量を増やしながら「の」の字を描くように注ぎます。
(この時に、ペーパーにお湯が直接かからないようにするのがポイントです。お湯が端から流れて行ってしまい、抜けた味になってしまいます)
IMG_0700⑤サーバーの目盛を見て、適量になったら、すぐにドリッパーを外します。
(最後まで注ぐと、雑味まで注がれてしまいます)

⑥はい、出来上がり!
IMG_0703

※可能であれば、直前に豆を挽くのが理想です。アロマや炭酸ガスの膨らみが全く違います!(挽いてある状態だと、鮮度が落ちやすくアロマが抜けてしまいやすいです)

もし興味があったら、ぜひチャレンジしてみてください。

URL :
TRACKBACK URL :
Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com