忙しい時こそ、書道のワケ

忙しい時こそ、書道のワケ

今日は梅雨らしい天候でしたね。
アジサイには雨が似合う気がします(^^)

今日は午前中の隙間時間に書道に行って、午後は施術。

80歳になる優しい女性の先生が、クラシック音楽をかけてくれ、合間に美味しいお茶を淹れてくれるこの書道の時間は、
私にとって、日常のあれこれを忘れて、自分の内に向かえる唯一の時間です。

******

書道では慣れてくると、余白(空白部分)を重視します。
普通は、「黒い文字の線」に意識が行きがちですが、むしろ「何もない空白」を見る。

何度やっても上手くいかない時、今までとは違った視点で見てみると、案外見えてなかった部分に気付けることってありますよね。

「目に見える部分だけではなく、目に見えない部分をも見る」
今、最も大切にしたいと思っていることです。

******

特に人の身体を扱う上で、マッサージの技法などテクニックばかりを磨くのではなく、
身体について、もっとミクロの視点で見ていくようにしたい。たまには常識をも疑って見る目を持ちたい。
最近、いろいろ考えさせられることが多く頭の中はいっぱい(@_@)

スケジュールも、白い紙が墨汁を吸うかのごとく余白は消えていき、気付けば予定でいっぱい。
IMG_1449「書道に行くのはやめて、休んだら?」という友人のアドバイスをよそに、

矛盾するようだけど、忙しい時だからこそ、私は隙間時間を見つけては
「唯一、無になれる時間を求めて」書道に行ってしまうんです(^^;

URL :
TRACKBACK URL :
Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com