書道の先生に学ぶ集客のヒント

書道の先生に学ぶ集客のヒント

今日の午前中は、二か月ぶりくらいに書道へ。
IMG_2716

行けるときに行くスタイルで、細々続けていますが、続けられている理由はもうじき80歳になる書道の先生です(*^^*)

*****

それ程広くはありませんが、週三回のお教室は、チラシや広告なども出さないのに、気付いたら生徒さんでいっぱいで座りきれない程。

本当に優しくて、常に笑顔で、包み込んでくださるような先生のお人柄。

私も引っ越して遠くなっても変わらず先生のところへ通ってますし、中には遠方に越してもなお、通信の形で続けている生徒さんもいらっしゃいます。

みんな先生のお人柄に引き寄せられているんだと思います(*^^*)

*****

そんな先生と、形態は違えど、教室やサロンを続けていく上で大切なことについての世間話をしました♪

二人とも、決して商売っ気があるとは言えず、正直ビジネスには向かないタイプ(^^;

どちらかというと、「いいわよ、いいわよ」と、時に進んで損を買って出てしまうこともある程。

それでも有難いことに、逆に生徒さんやお客様が「そんなダメですよ、きっちり受け取ってください。ここが無くなったらこっちが大損失です」などと気遣って下さって、その後も通い続けて下さり支えられています。

今日、先生が「周りが育てて下さるのよね」と仰っていましたが、まさに私が最近もっとも感じていることなので、「あぁ、同じだ~♪」と嬉しくなりました。

*****

先日もある方と話していて、あまりにも私が商売っ気がないものだから、

「儲けたいとは思わないんですか?」と質問されてしまいました(^^;

一瞬考えて、「う~ん、正直そんなに儲けたいとは思わないけど、今は勉強するためのお金と、あとは友人たちとご飯を食べに行ったりした時に、お金の心配をしないでいいくらいのお金があればいい」と答えていました(^^)

*****

そんな私ですが、開業半年を迎えていろいろ考えるところもあり、今後はセラピストさんたちが働ける場を作りたいと思っています

せっかく資格を取ったのに、なかなか働ける場がないセラピストさんや、決していい条件とは言えない労働環境で耐えて頑張っているセラピストさんがたくさんいらっしゃいます。

そういう場がないなら、自ら働きかけてそういう場を生み出そう!

そんな発想から、今月からはせっせと企画書を書いて、いくつかの施設や企業に出して行こうと考えています。

季節は収穫の秋ですが、私はそんなこんなで、せっせと種まきの時期になりそうです(*^^*)

URL :
TRACKBACK URL :
Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com