言葉の選択のむずかしさ

言葉の選択のむずかしさ

かなりマニアックネタですが(#^.^#)

先日友人と、たまたま手相の話になり、「私、KY線があるって言われたんです」と聞いて、けーわい線???( ? _ ? )

聞きなれない言葉に首を傾げつつも、手相を観てみると、

日本人には2割くらいしか居なくて珍しいとされる「生命線と知能線が離れているタイプ」でした。

このタイプの方は、

・すぐ行動する(せっかち)
・慎重さに欠ける
・起業家(人に使われるのが嫌)
・女性で事業をやる人に多い
・勘が良い
・アイデアがよく湧く
・欲しいものはすぐ手に入れる
・人の言うことをあまり聞かない
・瞬間瞬間の切り替えが早い

など、とにかく大胆で、積極的なタイプとされています。

これが、なぜかKY線(空気が読めない人?)とされてしまっているようです(^^;;

日本人には珍しいタイプだからかもしれませんが、慎重すぎる私にはとても羨ましい手相です♪

*****

手相の解釈うんぬんということではなく、「言葉の選び方って難しいな」と感じたという話なんですが、

「KY」って、正直ネガティブなイメージがあるので、言われた方はきっと「あまり良くない線なんだな…」とマイナスに感じるだろうし、

でも、同じ線を見ても、「すごく積極的で活動的で羨ましい!」と言われたら、なんだか「良い線なんだ♪」と嬉しく感じるだろうし、

同じモノを見て伝えるにも、伝える側の言葉一つで、その物事の価値(意味)は180度変わってきてしまうものなんだな〜と思ったら、
お客様に身体の状態などをお伝えする場合にも、言葉の選択は慎重にしないとなと感じました(#^.^#)

手相の話から、なぜかこんな結びになってしまいましたが(^^;;

*****

手相は、以前興味を持った時期があって、「渋谷の母」と呼ばれた「殿岡晟子さん」に一時期教わっていました(^^)

手相も統計学だと言われますが、果たしてどれくらい当たるんでしょうね?

私はもうほとんどウロ覚えなので、かなり怪しいですσ(^_^;)
(なので、観てって言わないでくださいね^^;)

URL :
TRACKBACK URL :
Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com