ツールを使った筋膜リリース

ツールを使った筋膜リリース

今日は、Self Body Care Japan/セルフボディケア・ジャパンさん主催の「SMR(Self Myofascial Release)/筋膜リリース・テクニックセミナー」に参加してきました。

image手での圧迫法による「筋膜リリース」は学んでいたけれど、ツールを使ったやり方も知っておけば、お客様へのホームケアにもお勧めできるかもと考えて受講することに。

*****

講師は、あのトップトレーナー齊藤 邦秀さん

スポーツトレーナーの中で、おそらく知らない方はいないであろう、とても有名な方です。

Tarzan(ターザン)の雑誌などでもよく拝見します。

そんな多忙でとてもすごい方なのに、いつもにこやかで低姿勢で、本当に素晴らしい方です!

image

image

※上記2枚の写真は、セルフボディケアジャパンさんより拝借致しました。

*****

さて、ツールですが、いろんな形や硬さのものがあって、当然ですがそれぞれに適した用途があります。

適当にコロコロすればある程度効果があるんじゃない?と安易に考えてましたが、やり過ぎはむしろ「挫滅マッサージ(いわゆる揉み返し)」など良くない結果を招く危険性があるようです。

施術と一緒で、「軽擦」から徐々に「強擦」に、そしてまた鎮静させるなど、身体に負担なく行うことが大切なんですね。

また、ツールも単純にコロコロではなく、呼吸や当てる角度なども重要ですし、圧迫したり、スライドさせたり、関節を動かしながらなど、そのやり方は多種に渡っていて、やっぱり学びに行って良かったと強く感じました!

*****

ツールを使って筋膜リリースした後は、身体の動きが断然スムーズになりました!
特に肩関節周り、股関節周りのつまり感が解消されたのを実感。

スポーツ前にこれらでリリースした後に、ダイナミックストレッチ(動的ストレッチ)をやったら、絶対にいつもよりも動きが良くなるはず!\(^o^)/

スポーツ後も「自分でセルフケアをするのは意外と面倒でやらない」という方も多いですが、これなら手軽にやれるのでぜひオススメしたいです!

「身体を使ったら、出来るだけその日のうちにメンテナンスする」
それを続けたらきっと身体が変わってくると思います。

うちにいらして頂いた時にでも、ぜひ試してみてほしいです(*^^*)

image

URL :
TRACKBACK URL :
Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com