【セラピスト勉強会】 筋膜&アナトミートレイン 

【セラピスト勉強会】 筋膜&アナトミートレイン 

届きました!

待望の『アナトミー・トレイン 第3版』

*****

先日の定休日に、「太極拳」からの「セラピスト自主勉強会」を開催♪

「筋膜」や「アナトミー・トレイン」について。

常日頃から熱心に勉強をされている、お二人のセラピストさんと共に。

非常に大切なのに、私の中でまだまだ曖昧模糊としている「筋膜」(@_@)

*****

ざっくりと言ってしまえば、

【筋膜】とは、筋肉や骨や内臓や血管や神経など、体中のありとあらゆるものを包んで、適正な位置に維持してくれている、全身タイツみたいなもの。
姿勢や動きに非常に重要な存在です。

【アナトミー・トレイン】とは、(そのまま訳せば、解剖・列車。そして提唱者はトーマス・マイヤースさん。機関車トーマスですねw←完全に余談^^;)

筋肉を単一で捉えるのではなく、筋膜を介して、あるラインで繋がっているとする「筋筋膜経線(筋筋膜の連続体)」のこと。

*****

話は勉強会に戻って、

一人がお忙しい中、わかりやすくテキストを作ってくださっていて、
さらにDVDや参考資料などもご準備下さって(^人^)

実際の映像や写真などを見ながらだと、ビジュアルで瞬時に理解できるので、まさに百聞は一見にしかず!

今まで、こんな感じかな~とイメージしていたものよりも、実際にはかなり強固な結びつきをしているんだな~!などと、深い理解を得ることができました。

「筋膜」、そしてその筋膜を介して筋肉がどのラインで繋がっているのかという「アナトミー・トレイン(筋筋膜経線)」を意識して施術することは、その効果を高めていくうえで非常に意義があると感じています。

*****

知れば知るほど、筋膜も、アナトミートレインも本当に面白いです!

できれば、イラストではなく、リアルな写真か映像で観ることをお勧めします(感覚がマヒして、または図太くなって、「キャー♪」っと可愛く反応できなくなってしまった方のみw)

これを観てしまうと、筋肉を単なる部位だけで捉えることが出来なくなってしまうかも。

「アナトミートレイン」は、現在「12のライン」があるとされていますが、それぞれの列車を「途中乗車・途中下車」することなく、「始発駅から終点」まで辿ってみたくなります(*^^*)

*****

私はまだまだ勉強途上ですが、

ご興味ある方は、これらを深く勉強されているお二人の施術を、ぜひ一度試されてみてください♪

http://www.aroma-hanamura.com/

http://aromayuika.net/

こういった勉強会を自主的に開いて、高めあってくださるセラピスト仲間に心から感謝いたします!

るうちゃん、みきさん、ありがとう♡

URL :
TRACKBACK URL :
Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com