忙しい時こそ、静かに座す

忙しい時こそ、静かに座す

「軒を開きて流水に対し石に坐して薫風を待つ」

窓を押し開けて、流れる水にうち向かい、石に座しては薫風の吹き渡るのを待つ。

image

文字の力。イメージの力。

心なしか、涼やかな風を感じる♪

*****

「忙しい」を言い訳に、ずっと書道をサボっていた私>_<

今月は作品展があるため、教室の先生からご連絡を頂き、約5ヶ月振りに書道へ。

静かに座して筆を握り、集中してひたすら文字を書く時間は、とても豊かで、大切なものを与えてくれる。

失敗しても、上手く書けなくても、消して書き直すこともできず、

アンバランスのバランス
(あえて文字のバランスを崩して全体のバランスを取ったり)

余白の美
(文字ではなく、空白の部分のバランスにも目を向け、余白さえも大切にする)

など、書道には決して合理的ではないことも多いけれど、

目に見えず、計算で弾きだすことも出来ない感覚的な部分を大切にする事に、

最近時間に追われ、心の余裕を失いつつあった私にとって、
とっても大切なものがジワジワと流れ込んできて、心が本当に満たされました(*^^*)

忙しいと感じるときこそ、自分の内側に入っていける時間を持つことは大切ですね♪

URL :
TRACKBACK URL :
Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com