肩が挙がらない「五十肩」、下げる筋肉も重要!

肩が挙がらない「五十肩」、下げる筋肉も重要!

先日のイベントでは、座位(椅子に座った状態)で上半身のみの施術を提供しましたが、

その中で対応したお客様で、

2年前に五十肩になり、病院に通って痛みは無くなったが、片腕があまり挙がらなくなってしまったという方がいらっしゃいました。

リハビリも受けたが今も挙がらないままで、それが気になるとのことでした。

正直、プロのリハビリを受けてもダメなら、ちょっと難しいかな…(>_<)と思いつつも、

頭の中で「五十肩、肩が挙がらない」で真っ先に思いついたのが、以前に「セラピーNETカレッジ」で観た、

上原健志先生の【スマホ首と五十肩へのアプローチ】でした。
http://www.therapynetcollege.com/courses/ch/ch196.html

*****

「肩が挙がらない原因は多種多様だが、共通しているのは、下げる筋肉が固くなっていること」だと言っていたな・・・

「挙げる筋肉は、下げる筋肉が伸びてくれて初めて挙げられる」とも。

下げる筋肉で挙げられていたのが、
「小胸筋」「肩甲下筋」「棘下筋」「広背筋」

そしてそれらが付着している「上腕三頭筋」も大切と言っていたな・・・

そんなことを思い出しながら、
たった10分間の施術でしたが、とにかくそれらの筋肉を緩めることに集中して施術しました。

*****

施術を終えた後、
「さっきまでここまでしか挙がらなかったのに、ここまで挙がるようになりました!」

そう嬉しそうに仰っていただけ、私自身もビックリしました!(嬉しいビックリ^^)

いろんな情報をインプットしておくと、いざという時に本当に自分を助けてくれますね(*^^*)

*****

上原先生は、普段からセラピストに解剖生理学などを教える講座などもされていて、それが本当にわかりやすいので、そちらもすごっくおススメです♪
http://www.u-bal.com/

URL :
TRACKBACK URL :
Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com