大好きな哲学者 池田晶子さんの言葉

大好きな哲学者 池田晶子さんの言葉

久しぶりに、哲学者 池田晶子さんの本を買って読んでみました♪

幸福に死ぬための哲学――池田晶子の言葉

彼女の著書はとても好きで、以前はよく読んでました(*^^*)

残念ながら2007年に46歳の若さで亡くなられてしまいましたが、
彼女の言葉が綴られた本が、昨年出版されていたようです。

今回改めて彼女の言葉に触れてみて、その真理を突いた言葉に深く考えさせられています^^

******

【思った通りの人生】

人は、何でも、「思う」ことができる。

これは本当に不思議なことだ。

これが自由の原点だ。

人生はつまらないものだと思えば、人生はつまらないものになり、人生は素晴らしいものだと思えば、人生は素晴らしいものになる。

何もかも、思った通りになる。

人生は、自分が思った通りの人生になっている。

人は、思うことで、人生の運命を自由に創造することができるんだ。

これは、なんて素晴らしく、かつ、なんて厳しいことだろう。

ー『14歳からの哲学 考えるための教科書より

******

【時間がないのは誰のせい】

現代人は、客観的時間すなわち時刻のことを、人生だと取違えている。

そうして、何日までに何をする、何年後までに何をする。

時刻を先取ることで、人生を生きている。

人生とは、すなわち予定なのである。

予定を立てたのは自分でしかないのに、時間がないと不平を言う。

便利になるほど、時間は早い。

忙しくなるほど、時間はなくなる。

そうやって、忙しい忙しいと生きていたら、なんと死ぬ時がそこに来ていた。

いったい人は、何のために何をしているのやら。

ー『41歳からの哲学より

******

【金では手に入らないもの】

人は、金によってよいものが手に入ることに慣れてくると、金それ自体をよいものと思うようになる。

手段と目的とが同一になったのだね。

困ったことはだね、このとき人々は、よいものは金で手に入るものという考え方に慣れすぎていて、金では手に入らないよいもの、すなわち、「善」という価値の欲し方がわからないということなのだ。

いくら金を積んでも、金を貯めても、善だけは手に入らないのだ。

なぜなら、いいかね、善は、タダだからだ。

ー『無敵のソクラテスより

image

URL :
TRACKBACK URL :
Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com