「精油の化学」講座大成功!

「精油の化学」講座大成功!

今日は長島司先生による「精油の化学 初級編」を開催♪

imageさすが長年香料会社で培われていらっしゃった、その知識の広さと深さのハンパないこと

ましてや書籍などには決して載っていない、現場でやってこられたからこそ知っている、「実際は…、本当は…」というような裏話やマニアックな話が本当に面白い(*^^*)

●香りとは〜から始まり、香りの種類や役割
●香りにまつわるエピソード(3大美女の香りとは?など)
●香りの素材
●香りの表現と精油
●ノート(香りの立ち上がりの強さや持続性の長さ)
●精油のあるところ、精油の香り、精油の性質
●精油の作り方、水蒸気蒸留法の仕組みについて

そしてここからいよいよ精油の化学へ
●香り成分の原子や、基本骨格、官能基
などについて学びました。

image

2時間ですが、結構盛り沢山!(#^.^#)

*****

基本的にはアロマの資格を取る時に学んだ内容ですが、先生の深い知識の泉からは、私達の未知の知識がいっぱい湧き出てきて、「へぇ〜」の連発!

例えば、鎮静効果が高いとして知られている「ラベンダー」

脳波を測る実験をしたら、鎮静をもたらすα波だけでなく、覚醒をもたらすβ波も出て、
人によっては鎮静にならない人もいるとか。

確かにラベンダーの香りは苦手な方も多いですよね^^;

ちなみに香道で使われる「沈香(じんこう)」は、α波100%らしいです!(◎_◎;)

ものすごく深い鎮静効果が得られるという、その香り、ぜひとも嗅いでみたいです!

(長島先生は、そういったお香の講座も出来るそうで、いつかお願いしたいです♪超高価な沈香を嗅げるチャンス^^)

*****

嗅ぐといえば、今日はあのムスクの香水に使用されることで有名な、「麝香(じゃこう)」の香りを嗅がせて頂きました。

麝香の香りは、オスのジャコウ鹿がメスを引き寄せるためのフェロモンのようなものなので、人間が付けたらモテちゃう?なんて思ってました(笑)

実際は人間には効かないようです(笑)
でも女性が嗅ぐと覚醒し、男性が嗅ぐと鎮静するというのは、面白い!(*^^*)

*****

また、精油はあの原液のままだとかなり香りが強くて、植物本来の香りとかけ離れて感じられるものも多いですよね^^;

そんな精油を、植物本来の香りに近い状態にする方法も教えて頂きました。

これも調香の世界にいらっしゃったからこその、なかなか知りえない知識ですね♪

そんなこんなの盛り沢山!興味津々聞いていたので、あっという間の2時間でした(*^^*)

長島先生、ご参加頂いた皆さま、本当に楽しく有意義な学びの時間をありがとうございました♡

*****

そして次回は、12月!

実践で使える「精油のブレンド」について教えて頂けることになりました♡

これは現在レジュメを作成中の、新作講座だそうです♪

【オイルトリートメントのための効果的な精油ブレンド学】

今回は、スキンケアにおける効果的な精油のブレンドを教わります。

皮膚理論などから教えて頂けるようです(*^^*)

感覚的でワンパターンなブレンドを卒業し、化学に基づいた、且つ香りのバランスもとれたブレンドが出来るようになりたいですよね(#^.^#)

現時点では、12月17日(土)が第一候補!

まだ調整段階ですので、もし参加希望の方がいらっしゃったら、曜日等の希望も含めてぜひご連絡ください\(^o^)/

(男性もご参加頂いているので、男性の方も安心してご参加ください^^)

※長々とお読みいただき感謝いたします♡

URL :
TRACKBACK URL :
Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com