英語をニュアンスで捉える♪

英語をニュアンスで捉える♪

今朝は7時台に家を出て、早朝から英語のgrammarの勉強会へ♪

直前まで予習に手を付けず、昨晩慌てて深夜過ぎまで勉強し(ダメな生徒の典型^^;)

今朝は眠い目を擦りながら、正直サボりたい気持ちと闘いつつ、
気合いを入れて行ってきましたp(^_^)q

(すっかり、午前中は勉強、午後は仕事というパターンが出来てきました^^;)

*****
image

今日は、動詞+ 「〜ing」/「to 動詞の原形」の使い分けについて学びました。

どちらも、「〜すること」という意味になりますが、

enjoy や finish のように、〜ing(動名詞)の形となるもの
例)I enjoyed playing football.(私はフットボールをして楽しんだ)

decide や plan のように、to〜(to不定詞)の形になるものがあります。
例) I decided to be a doctor.(私は医者になろうと決心した)

中にはどちらの形でも使える動詞もありますが、
必ずどちらかの形にしなければならない動詞の場合、どう覚えるのか?という点について、

もちろん、一つ一つの単語ごとに覚えるという方法もありますが、
それだと、あれ?どっちだっけ?って迷ってしまうことってありますよね^^;

今日、先生がお話しされていて、「なるほど〜!」と深くガッテンがいったのが、

「ニュアンスで覚える」ということ。

※〜ing は、「すでに行われたこと」、「過去にしたこと」というニュアンスがあり、

※to~ は、「未来志向」で「未来にすること」「今はまだしていないこと」というニュアンスがあるようです。

その法則に沿ってやったら、スラスラ解けて本当に気持ちいい♪(*^^*)

*****

それ以外にも、

「off」は「離れる」というニュアンスなので、「put offで、延期する」

「on」は「継続」というニュアンスがあるので、「go onで、〜し続ける」とか、

単純に暗記として頭に詰め込むのではなくて、

ニュアンスやイメージを持って覚えると、深い理解とともに記憶が定着するので、すごくいいな〜と感じました♪

まだまだ初心者の私なので、すでに常識なのかもしれませんが、私はニュアンスで覚えるという方法に感動しました!(#^.^#)

英語だけに限らず、どんな事でもイメージと結びつけて覚えるというのは、暗記の極意かもしれませんね(^^)

*****

そう言えば、英語のアプリで「IKnow!」というのがすごく良いらしいです!

自分のレベルや目的に合わせて、英単語がクイズ形式で出てくるんですが、例文や音声もあり、かつそれにマッチした「画像」が付いているので、イメージ記憶もしやすいよう(*^^*)

もちろん、早速ダウンロードして隙間時間に遊んでみましたが、結構面白いです♪

勉強も遊び心が無いとですね(^_−)−☆

URL :
TRACKBACK URL :
Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com