子どものケアについて考える パパママトレーナー研修2日目

子どものケアについて考える パパママトレーナー研修2日目

「パパママインストラクター講座」2日目が終了しました。

私は普段、成人の方のケアをする事がほとんどなので、

今回の講座で初めて知る、「子どもについて」の知識がかなり多いです!(◎_◎;)
imageimage

特に「子どもの体と心の成長」に関する、しっかりとエビデンスを踏まえた上での、

「なぜ、子どもはケガをするのか?」
「どういったスポーツ傷害が多いのか?」
「子どもの心の成長過程に合わせた、適切な対応とは?」

など、「発達段階」という、まさにこのことによって、大人とは心身の状態がいかに大きく異なるのか!という当たり前な事実を思い知りました。

深く勉強せずにやり過ごして来てしまった、自分のこれまでの不勉強を大きく反省しています>_<

*****

お子さんが部活やクラブで、何らかのスポーツをされているという親御さんはきっと多いと思います(^^)

お子さんはケガをしていませんか?

また、試合などで良い結果が出せなかった時など、どんな言葉をかけていますか?

気合いや根性で頑張れ!と応援するやり方もあると思いますが、

それが本当に子どものためになっているのかどうか、一度立ち止まって考えて頂けたらと思います(#^.^#)

*****

子どもの身体は、まだまだ筋肉が未発達な状態で、また骨が伸びるスピードに筋肉の発達が間に合わず、実は筋肉が引っ張られて硬く張っている状態です。

そんな時期に、ハードに運動をして、さらに筋肉が収縮して硬くなったら…?
いつケガをしてもおかしくないですよね>_<

また、5〜12歳の児童期は家族以外との関わりが増えて、周りとの比較によって「劣等感」が生まれやすい時期でもあります。

だからこそ、この時期にどんな声かけをするか、どんな接し方をするかは、「自己肯定感」を培っていく上でも非常に大切です。

*****

身近にいるお母さんお父さんが、お子さんにとって一番の理解者であり、一番の応援者です♪

そんなパパママにこそ、「じゃあどうしたらいいの?!」という事を知って頂きたい(*^^*)

それが、私が今後皆さまにお伝えする事が出来るであろう「パパママトレーナー講座」
image

たった10分の簡単なコンディショニングマッサージで、ケガを予防できることはもちろん、

触れ合いによって絆ホルモンでもある「オキシトシン」が分泌されて、より信頼が生まれ、今以上に結び付きが強くなるはずです(#^.^#)

この先に、お子さんの笑顔、お母さんの笑顔、お父さんの笑顔、幸せな家族の絵が浮かびます♡

ママだけでなく、子どもと接する時間の少ないパパにこそ、ぜひ受けて頂きたいなと思います(*^^*)

その前に、私はしっかり学んで試験にパスしなくては^^;
残り4日間、気合い入れていきます!p(^_^)q

*****

熱い想いを持って、この活動を広げて行こうとされている、
一般社団法人 キッズ&ジュニアスポーツコンディショニング協会 代表の巖 正美社長
の理念にも非常に共感!
image

非常に楽しくわかりやすい授業で、お人柄的にもとっても魅力的なお二人♡佐藤先生、下川路先生

そして志を同じく歩まれていらっしゃる、u-balからだ塾の上原先生、石森さん

遠方、鹿児島、福岡、愛知、静岡、山梨、東京から集結された、非常に志の高い素敵な面々の同期生。

本当に感謝の気持ちでいっぱいの中、学べています\(^o^)/

image

URL :
TRACKBACK URL :
Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com