論文の翻訳に挑戦!

論文の翻訳に挑戦!

論文の翻訳に挑戦していますが、文章は長いし、どう訳していいのかわからない単語もあったりで、結構大変ですね>_<

自分の訳した日本語がおかしすぎる・・・(@_@;)

これは英語の長文読解のいい練習になりますね^^;

*****

Article in The Journal of sports medicine and physical fitness・ October 2005
スポーツ医療とフィジカルフィットネスジャーナル内の記事 ・2005年10月

The science of sports massage is of interest to many populations including athletes, athletic trainers, coaches, as well as sports physiologists.
スポーツマッサージの科学は、アスリート、アスレチックトレーナー、コーチならびにスポーツ生理学者を含む多くの人口にとって興味深いものである。

While evidence to support or refute the effects of massage on sports performance is insufficient to make definitive statements, new reports and trends within date help formulate an understanding of sports massage.
スポーツパフォーマンスにおけるマッサージの効果を否定するか立証するための証拠は決定的な言明をするには不十分であるが、ここ最近の新しいレポートと傾向はスポーツマッサージの理解を明確に述べるのに役立つ。

This article will review sports massage research on topics including lactate clearance, delayed onset of muscle soreness (DOMS), muscle fatigue, the psychological effect of massage, and injury prevention and treatment.
この論文では、乳酸除去、筋肉痛(DOMS)の発症の遅延、筋疲労、マッサージの心理的効果、そして怪我予防や治療といったトピックに関するスポーツマッサージ研究をレビューしていく。

Articles referenced in Medline, Cochrane Database, the authors library, and references from articles are included in this review.
メッドラインにおいて参照されている論文、コクランデータベース、筆者の図書館、そして論文からの引用文献が、本レビューに含まれる。

Most studies contain methodological limitations including inadequate therapist training, insufficient duration of treatment, few subjects, or over or under working of muscles that limit a practical conclusion.
ほとんどの研究は、(何らかの)方法論的限界をはらんでいる。セラピスト・トレーニングの不十分さ、治療期間の不足、被験者不足、そして、実践的レベルでの結果を抑制してしまう筋肉の過剰使用や過小使用といった限界である。

Muscle soreness associated with DOMS is reduced with massage, although whether force recovers more quickly is still unclear.
力がより速く回復するかどうかはまだ不明だが、DOMSと関連した筋肉痛はマッサージで和らげられる。

The research literature to date is insufficient to conclude whether massage facilitates recovery from a fatiguing effort.
現在までの研究文献は、骨の折れるような努力からの回復をマッサージが促進するのかどうかという結論を下すには不十分である。

Both tissue healing and a psychological effect of massage are areas that may prove promising with further research.
組織治癒とマッサージの心理的効果は、なお一層の研究によって見通しが明るいと判明するかもしれない領域である。

Results from published literature support a positive trend for massage to benefit athletic recovery and performance;
出版された文献が示す研究結果は、運動能力の回復とパフォーマンスにマッサージが役立つというポジティブな傾向を支持する;

a need for further research into sports massage, especially well-designed studies utilizing therapists specifically trained to administer this type of therapy, is warranted.
スポーツマッサージに関するより一層の研究の必要性が認められている。特に、こういったタイプの治療法の施術をするのに特別に訓練されたセラピストを活用した、良質にデザインされた研究の必要性が認められている。

URL :
TRACKBACK URL :
Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com