ランナーの貧血予防には

ランナーの貧血予防には

今日は各地でマラソン大会がありましたね!

走られた皆さま、本当にお疲れさまでした♪

大阪マラソンを走られた、ある男性から、

「30kmを過ぎたあたりから、貧血の様な症状が出てクラクラしてしまい、その後は歩いたり、小走りしたりで…」

とご報告がありました>_<

ランナーの方は、足裏への強い衝撃によって赤血球が破壊されてしまい、貧血になりやすいですよね💦

その方に送った簡単なメッセージですが、
共有したいと思って、一部こちらにも載せます(*^^*)

  ↓

鉄分を多く含むものは、
赤身の牛肉、レバー(豚・鶏)、アサリ、牡蠣、マグロの赤身、カツオの血合い部分、

ほうれん草、小松菜、海藻、ひじき、切干し大根、大豆製品(納豆、豆腐)などです。
ただし、動物性の鉄分の方が吸収率は高いです。

またビタミンCと一緒に摂ると、吸収率が高まります。

逆にコーヒー、紅茶、緑茶などに含まれるタンニンは、鉄の吸収を妨げるので、出来れば少し時間をズラして飲むようにした方が良いです(*^^*)

*****

ただし、ひじきの鉄分量については、昔とはちょっと事情が異なってきてるようですね^^;
  ↓
http://www.karadakarute.jp/tanita/column/columndetail.do?columnId=421

 

URL :
TRACKBACK URL :
Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com