中野ジェームズ修一さん×高木聖也さんによる「青学メソッド」

中野ジェームズ修一さん×高木聖也さんによる「青学メソッド」

昨夜は青山学院大学陸上部のフィジカルトレーナーを務めてらっしゃる「中野ジェームズ修一さん」と、

2014年に主務を務めて、陸上部のメンバー、原監督、中野さんとの間で橋渡しとなって、青学駅伝チームをまとめあげた「高木聖也さん」

まさに青学駅伝チームの飛躍への道を作った、陰の立役者とも言える、そんなお二人の貴重なお話を伺ってきました♪

*****

2014年4月から、中野さんが青学の陸上部に関わることになったようですが、

チームとしては、それまで築き上げてきたトレーニング方法や習慣をガラッと変えることの不安や拒絶反応は当然あったようですし、

全てを一からやり直すのは、非常にエネルギーやパワーが要ることですが、それでもやってみようとされた、

その「変わる勇気・決断」こそが、青学駅伝チームの転換期になったんだと感じます。

*****

中野さんのトレーニングは、基礎となる「インナーマッスル(腹横筋など)」を鍛える事から始まります。

このトレーニングは地味で手応えが得られないので、みんなカッコよく見えてやってる感の感じられる、ダンベルなどを使った筋力トレーニングなどをやろうとする。

でも、しっかりコアのトレーニングが出来ていないと、細かい動きが出来なくなってしまう。

足し算引き算が出来ないのに、いきなり関数をやるようなものだと。

筋力トレーニングは諸刃の剣で、余計な筋肉が付くと身体が重くなり、また酸素が余計に使われてしまうので、長い距離が走れなくなってしまう。

さらに鍛える筋肉の組み合わせを間違えると、バランスが崩れて逆にパフォーマンスを下げる原因にもなってしまう。

だからこそ、地味でも基礎からしっかりトレーニングをし、正しい知識を持った方に指導してもらう事が大切なんですね!

*****

トップ選手とそうで無い選手との違いは、
「自分がこれだ!と思ったら、信じ切ってやり抜けるかどうか」だそう。

3か月程の短期間で結果が出ないと、すぐにトレーナーを切ったり、トレーニングを変えたりする選手もいますが、そういう選手はその後も結果が出せていない事が多いよう。

神野選手は青学を卒業した今も、中野さんにパーソナルトレーニングをお願いしており、
「身体を全部預けるつもり」でやっているそう。

そして、下田選手もそう。
下田選手の希望に合わせて、先を見据えてフルマラソンを狙えるトレーニングメニューでやっているようで、そうなると短い距離のレースでは結果が出せなくなる事もあるけれど、それでも信じてやり抜いている。

中野さんとの間に、完全な信頼関係があるからこそだけれども、そういったトレーナーと出会えた選手は本当に幸せですね!

*****

聴講者には市民ランナーの方も多くて、
「カーボローディング」や「脚攣り防止」について質問されていましたが、

新しいやり方と言われている、直前のカーボローディングは、逆にパフォーマンスを下げる可能性もあると仰っていました。

糖質1分子に対して水3分子が吸着するので、
糖質1gで水3g増える→体重が増える。

(逆に炭水化物を抜くと体内の水分量が減るので、脱水になりやすいようです)

人間の身体には恒常性(ホメオスタシス)という働きがあり、徐々に体重が戻っていくので、うまくタイミングが合った状態でレースを迎えられるといいようですが、

そのためには、本や他人のやり方を真似るのではなく、普段から自分の体に適したタイミングを自ら見つけていく努力が必要ですね。

*****

脚が攣る原因として、中野さんが挙げてらっしゃったのは、
・水分補給が足りていない
・ミネラルバランスが崩れている(マグネシウム、カルシウム、カリウムなど)
・柔軟性が低い
・筋力が弱い

青学では、レース1週間ほど前からアーモンドを摂るようにしているようです。

アーモンドは特にマグネシウムを筆頭にミネラル類が豊富なので、とてもいいですね!

*****

そして、世界で戦える選手を生み出すためには、

「正しい教育」が大切で、しかも大学からでは遅い、と仰っていました。

実業団でもアイシングの仕方すらわからない選手がいて、

そういった基本的な事
アイシングの仕方(ラップの巻き方)、ケアの仕方、体幹トレーニング、ストレッチなどの正しい教育を、きちんと高校の段階で受けていれば、

花が咲くのが早く、2回、3回と、世界に挑戦出来るチャンスが増えるので、そういった環境作りが大切だと仰っていました。

*****

本当に学びの多い2時間でした(^-^)

ところで、青学にとって今年の箱根駅伝はメンタルとの戦いだったようで、ここまでメンタルのサポートをしたのは初めてだったと、中野さんが仰っていました。

連覇のプレッシャーというのは本当に大きく、フィジカル(身体)の面だけでなく、メンタル面のサポートも出来る知識や技術が、トレーナーには求められてくるんですね!
両方見られる中野さんは本当にすごいです!

アロマはメンタル面に関しては非常に得意分野なので、帰りがけにお話しさせて頂いた中で、

ぜひ何らかの形でジョイント出来たらというお話も頂き(半分以上は社交辞令だと思いますが😊)、とても嬉しかったです♪

そのためにも、私もまだまだ学ぶことがたくさん!

良い刺激を頂けたので、もっともっと頑張りますp(^_^)q

★過去の開催の様子も興味深いです(^^)
http://mag.onyourmark.jp/category/readings/learn/knowledge-is-power-by-3r

★開催場所は、ヘルシーな食を提供しているカフェ♪
http://afd3r.com/
気になったヴィーガンプリンを買って帰りました(^^)
美味しかった~♡

 
URL :
TRACKBACK URL :
Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com